シンガプーラとは

シンガプーラとは

シンガプーラは純血種の中でも世界最小と言われるていますが、筋肉質でとっても健康的です。
大きなパッチリした目と耳がとっても愛らしい表情を作ります。

原産国 シンガポール
体 型 セミコビー
体 重 平均2~3.5kg
被 毛 短毛種
模 様 セピア、アーグティーなど
目 色 グリーン カッパーなど
毛 色 セーブルのみ

セミコビーとは…

四肢、胴、尾をコビーよりやや長めにしたのがセミコビータイプ。全体としてはコビーに近いタイプ。ポーはコビーほど大きくはありませんが丸みを帯びています。

大人しい性格でめったに鳴きませんが、甘えん坊で人懐っこく、遊びや運動も大好き!雌は気配り上手なお母さんになる事が多いです。

小さな体ですが、四肢はしっかりとして筋肉質で健康的です。


:黒のアイラインで縁取られた、パッチリとした大きなアーモンド型の目
:先端に丸みのあるピンと立った大きな耳
頭部 :ネコ界最小のボディーだが、筋肉質でしっかりしている
体型 :表面に沿ってぴったりと生える、シルクのような手触り
被毛 :野性的で堅くて軽い被毛がボディーラインに沿うように密着して生える
四肢 :筋肉質でしっかりとした作り、四肢の長さは中ぐらい
:長すぎない細い尾。バンドを巻いたような模様がある
  • 出産情報はこちら
  • 初めての飼い方

主な歴史

1974年にシンガポールに赴任していたアメリカ人のメドゥ夫妻が街角で見つけたセピア色のアビシニアンに似たネコをアメリカに連れて帰り、翌年1975年「シンガプーラ」(マレー語で「ライオンシティ」)と名づけて繁殖を始めました。アビシニアンに似た一本一本の毛がグラデーションがかっていることから、当時は掛け合わせで人為的に作られたネコだと思われていましたが、その後アビシニアンとは全く別の自然発生したネコだということが判明。
野生のネコだったころは配水管に暮らしていたため、「ドレインキャット」(下水猫)などと呼ばれていた。そんなネコが近年では、地元シンガポールで観光マスコットに認定されるほど愛される人気者になりました。

>トップページ > シンガプーラとは